お役立ち情報

1人暮らし後にかかってくるウォーターサーバーの電話

初めて1人暮らしをされる方は、色々不安はありながらも、新しいスタートにワクワクしていることと思います。

その新生活開始後、割とすぐにかかってくるのがこのウォーターサーバーからの電話です。

今回は過去に体験した話を書いてみたいと思います。

 

 ほとんどの人が迷惑している電話

ウォーターサーバーの会社からの電話は、色々メリットを伝えて契約させようとする内容で、大抵の人にとっては迷惑に感じる電話です。

その理由をあげてみたいと思います。

 

 ウォーターサーバーの電話が嫌われる理由

ウォーターサーバーが不要な人にかけるから

1人暮らしをする方は学生であったり社会人であったりと、人によって異なるかと思いますが、新生活時に「ウォーターサーバーを買って設置しよう!」と最初から考えている人は少ないと思います。

設置場所を取るのが勿体ないのと、ウォーター代の費用がかかるからというのが大きいかなと思います。

水を元々買っていた人にとっては、ウォーターサーバーの方がお得なのかもしれませんが、毎回必要分をペットボトルなどで買う方が便利だという人もいます。

水に強い拘りがなければ、「キッチンに浄水器を付けて使うのでも充分オッケー」という人もいます。

自分にとって不要なものを勧誘してくるから、迷惑がられているということですね。

ほぼ毎日、1日に数回の日もあるから

「知らない番号は怪しいから出ない」という方も多いかと思いますが、この電話は出ないと頻繁に電話がかかってきます。

私も最初無視していたのですが、出ないと毎日かかってきました。しかも1日1回とは限らず、同日に2,3回かかってくることもありました。

今は電話番号をネットで検索すると、どこからかかってくる番号かを教えてくれるサイトがあります。大体そこに口コミがあるので、ウォーターサーバーの会社であることもすぐにわかります。

何度か無視したら向こうが諦めるかなと思ったのですが、しつこく何度もかかってくるので、出るしかないことになり面倒です。

勧誘がとにかくしつこいから

電話の回数もしつこいですが、勧誘も中々しつこいです。

仕方なく次にかかってきた電話を出た時に、男性からウォーターサーバーの勧誘をされました。

「設置費用は無料です。」等あれこれ言ってきますが、全く興味がないので「使わないので結構です。」と断ろうとしますが、何度も食い下がってきます。

「いつでも美味しい水を飲めますし、場所を取らないですよ。」

いや、どう考えも場所取るでしょ。1人暮らしのスペースはほんと限られてるから、家具1個増えるだけで結構な圧迫感やし。

「無料で設置できるんですよ。どうして設置しないんですか?」

何回無料言うねん。設置費は無料でも、水の費用とか契約後に違約金とかにまた費用とか取られるやつでしょ。

心の中で色々突っ込みながらも、言葉を選びながら断ってましたが、あまりのしつこさについに限界が来まして、

「ウォーターサーバーを絶対に設置しなきゃいけないルールでもあるんですか!?使わないから要らないって言ってるじゃないですか!」

と口調を変えて怒鳴ったら、向こうは勧誘をピタリとやめてフェードアウトしていくように電話を切りました。

まぁ自分で言ってて変な怒り方だなと思いましたが、設置しろ的な圧が強すぎたので…。

最初に断った時点ですぐにブチッと電話を切る手もありますが、またかかってきたら嫌だなと思い、向こうから諦めてもらうようにしました。

 

 ウォーターサーバー自体は悪くはない

電話勧誘の他、ホームセンターの入口などで対面での勧誘をされたりするわけですが、ウォーターサーバー自体は悪くはないということはないです。

勧誘のせいで嫌な印象がついてしまいますが、1人暮らしでウォーターサーバーを設置している方もいらっしゃいます。ファミリー世帯だとその割合はさらに増えるかと思います。

継続して契約をしている人がいるということは、ウォーターサーバーのある生活に満足しているからなんですよね。

ウォーターサーバーの種類のよっては災害時にも水を飲むことができるという点もあるため、たとえ断水が起こっても飲み水の確保ができるので安心もできます。

もしこれからウォーターサーバーを設置しようか悩んでいるという方は、電話や対面だけでメーカーを判断するのではなく、各メーカーのHPなどで情報を見比べたりしながら、慎重に選ぶ方が良いかと思います。

 

 まとめ

1人暮らしをしてすぐにかかってくる電話は、このウォーターサーバーの電話が圧倒的に多いんですよね。

無視してもかかってくるので、1度出てきっぱり断れば、その後かかってくることはありません。ですが、次にまた引越しをするとその時またかかってくるので、繰り返し対処していく感じですね。

相手のペースに飲まれないように、断りたい場合はしっかり伝えましょう。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA