おでかけ

イギリス◆チェスターの散策とシェイクスピアの生家を訪れる

このホテルでの朝食もバイキングでした。

あんまりお腹が空いていなかったのでフルーツばかりよそってます。メイン皿にフルーツ盛ってますね。

 

 ザ・ロウズアーケード街などを散策

この日はチェスターに移動しました。

周囲を城壁に囲まれた街です。 ローマンハーバー城壁も皆で歩きました。

白壁に黒い梁の外観が美しい建物がこの町の特徴です。

 

 装飾が綺麗なイーストゲート時計塔

門の上を歩いている人がいますね。

城壁歩いてきてこの門の上まで来たり。

装飾が綺麗です。1897年に作られたということで、それも刻まれてますね。

ヴィクトリア女王即位60年を記念して作られたそうです。

 

 赤い砂岩で建てられたチェスター大聖堂

1250年から250年にわたって増築されたことで、様々な建築様式が混在しているのだとか。

皆さんは中も見てましたが、私は外からのみ見学しました。ここで自由時間があったので色んな店を見に行ってたんですよね。

 

 本日の昼食 海老サラダとローストビーフ

お店はこちらです。

中はこんな感じ。

昼食のメニューはこちら―

  • シュリンプサラダ
    海老たっぷり。オーロラソースがかかっている。
    ⇒ 海老美味しい。ソースも味付けが丁度良い。

  • ローストビーフ&ヨークシャープディング&野菜
    お肉デカい。シュー皮みたいなのがヨークシャープディングかな。
    ⇒ 量多いけど味付けは大丈夫。野菜やシュー皮はソースと一緒に。

  • シュークリーム
    可愛らしい。
    ⇒ 美味しい。デザートはこれぐらいの量が丁度良い。

昼食、美味しくいただきました。

この後はストラトフォード・アポン・エイヴォンに向かいました。

ウィリアム・シェイクスピアの生地として知られているところです。

 

 シェイクスピアの妻 アン・ハサウェイの家

シェイクスピアの妻アンと家族が暮らした家です。

茅葺屋根は手入れにお金がかかるそうなので、アンは裕福な家庭だったのですね。管理されている今では、観光客からの入場料等からもこの屋根の修復代に充てられているそうです。

ここから少しバスを移動。

 

 シェイクスピアの生家

生まれてから青年期までここで過ごした家です。

中は父親が営む手袋工房やベッドルーム等があり、その時代の様子を再現しているそう。

このシェイクスピアの前の通り、ヘンリーストリートを散策し、自由時間となりました。シェイクスピア関係のショップで少し買い物をしましたね。

夕方になり、コッツウォルズへ移動しホテルへ。

 

 アンティーク好きにはたまらない 素敵なホテル

これが本日のホテルです。

今までのホテルとは違う雰囲気に皆でビックリしました。

これは中の様子も期待ですね…!

ということで、写真を連続で載せていきますよ。

ロビーのソファーと暖炉。

フロント横の階段。

ロビーのソファーはもう1つあったり。

大きな古時計が傍に。

古時計の向こうの部屋にはBarがありました。

ロビーのソファー奥には庭に続く道が。

その通路の真ん中にもこんな部屋が。


まるで映画のロケ地のようなホテル。

素敵な造りにビックリです。興奮して写真たくさん撮ってました。

ロビーで鍵を受け取り、自分の部屋に入ってみると―

部屋に入ってすぐの光景。

奥にも空間があってソファーがあったり。

 

めっちゃ広いやん…!

 

こんな広々とした部屋を与えてもらえるとは。屋根の形に沿った天井も中々良い雰囲気。2人しか泊まらないのに、ソファやチェアが多くてまたビックリ。

各部屋の造りが異なるようですが、皆さん広い部屋だったとは言ってました。

それと、このホテルではまだ嬉しいことが。今までも部屋に紅茶のティーバックやショートブレッドなど、茶菓子は置いてましたが…。

このホテルではなんとSTILLのペットボトルまで置いてくれてました!

やったー!毎日買ってる水代を節約できる!ごめんなさい、ドケチですね!

ここでは2連泊なのですが、こんな素敵なところでとても嬉しい。

夕食はこのホテルで食べるため、時間には移動しましました。

 

 本日の夕食 焼き魚とクレープ似のデザート

テーブルはこんな感じ。庭を目の前にお食事です。

夕食のメニューは―

  • 鶏肉・チーズ入りサラダ
    野菜以外も入っているのは良いね。
    ⇒ 塩もかけずに、このまま食べてましたね。

  • 焼き魚とポテトたち
    量が丁度良い。隠れたところに豆もいる。
    ⇒ 魚味付け美味しい。揚げたお豆っぽいのも美味い。

  • クレープ似のなにか&アイス・ベリー
    ナイフで切っても千切れにくい。被りついても千切れにくい。
    ⇒ どう食べたらいいんだろう。でも味は美味しい。

写真に無いですが丸いパンも出てきましたね。夕食も美味しくいただきました。

イギリスではイモが主食なので、イモが色んなかたちで料理に登場しています。

パンについては出たり出なかったりですが、イモはやっぱり毎回ですね。

美味しく食べた後は、シャワーを浴びてまた雑誌で明日の観光を確認したり。ベッドの上でパラパラ見てるので気づいたら寝てたりも。

5日目に続きます。。。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA