おでかけ

イギリス◆レイク・クルーズとL&H鉄道で景色を楽しむ

ホテルでの朝食はバイキングでした。

ベーグルがあったので、迷わずチョイス。美味しかったので、またベーグルを取りに行こうと思ったらもう無くなってました。

この後はちょっとフルーツも皿によそいに行ったり。

 

 輪切りにされた黒い怪しい食べ物

バイキングコーナーに黒い怪しい食べ物がありました。

私は怖くて取らなかったのに、結局それを少し味見することになりまして…。かじってみたら…レバーっぽい血のような味が。

後から添乗員さんに聞くとなんと「豚の血」だったようです。

ブラックプディングと言う名で、イギリスでは朝食の定番なんだとか。先に調べておけばよかった…。

 

 イングランド 湖水地方へ

この日の天気予報は激しい雷雨とのことだったのですが、青空が見えてました。

どうやら予報とは異なる天気になることが多いそうで。マジですか…でも結果としては今回は嬉しいですね。

湖水地方といっても範囲が広いので、ツアーによってはどれが含まれるか異なるかなと。私と全然違う内容で周る方もいると思います。

まずはグラスミアでバスを降りて、店や建物を案内してもらいました。

 

 ジンジャーブレッド・ショップ

1854年からセーラ・ネルソン夫人秘伝のレシピでジンジャーブレッドを唯一作り続けているお店とか。

店の中で並んでいるときに見たポスター。

缶入りタイプも売ってますが、1枚からでも購入できるので買って食べてみることに。味は名前通り、ショウガ味のクッキーですね。

ポスターの右上に写っている茶色のものがそれです。

周りを少し散策した後、またバスで移動しました。

グラスミアはイギリスの詩人ウィリアム・ワーズワースが住んでいたとして有名だそうで。その彼の過ごした家を見に行くことに。

 

 ワーズワースの家 ライダル・マウント

ワーズワースが晩年の37年間を家族と共に過ごした家。

緑に囲まれた素敵な家ですね。

確か添乗員さんの話では、今回は特別に中に入らせて貰えたようです。

中から見た外の様子。

庭も後で散策するんですが、かなり広いんですよ。今も管理で綺麗に手入れされているのですね。

2階に上がると展示物が置いてあったり。

窓からはこれまた美しい景色が。

自分の部屋からこんな景色が見えたら良いのになぁ。机で手を枕にして寝たりとかしたら気持ちよさそう。

 

 本日の昼食 焼いた鱒とタルトのスイーツ

お店はこちらです。

中はこんな感じ。

イギリスへ来て、まだレストランでは食事をしてなかったので初ですね。

“イギリス料理はマズい”と言われているのを聞いたことがありますが果たしてどうなのか。

出てきた料理はこちら―

  • サラダ
    生野菜のままなので、お酢っぽいオイルをかけて。
    ⇒ お酢でむせたけど普通に美味しい。

  • 鱒を焼いたもの&ポテト・菜っ葉
    脂乗ってて柔らかいのに、味がしないので塩をかけて食べたり。
    ⇒ めっちゃ美味い。ポテトたちにも塩をかけた。

  • チョコレートタルト・ベリータルト
    チョコは甘すぎない感じ。ベリーはちょい酸っぱいけどそれが良い。
    ⇒ このままで美味しいです。

というわけでね、ビクビクしてたけど普通に美味しくいただきましたよ。

旅先では料理も楽しみの1つというか、結構重要ですよね。

食事を終えたら再び移動し、ウィンダミア湖前で降りまして少し自由時間。周りを散策して土産物を観たり。

 

 ワールド・オブ・ビクトリアスポター

「ピーターラビットのおはなし」など世界を再現した人形たちが展示してある博物館。

博物館に入るには料金かかりますが、ショップ併設してあるので買い物だけでもできます。

集合時間にウィンダミア湖へ戻りまして、チケットを持って乗り場で遊覧船を待ちます。

この待ち時間が、ほんとかなり暑かった…。日本でいるのと変わらないほどの気温。屋根がないので帽子で日差しを防ぎつつも、フラフラ状態でした。

船は時間が遅れつつもやって来ました。

 

 レイク・クルーズ  ボウネス・ピア→レイク・サイドへ

複数クルーズの船が発着しています。

船はそのまま乗り続けててもいいので、乗り場についてからも降りない人もちらほらと。

往復すればまた最初の乗り場に帰ってきますしね。

船から見える景色。

遠くの方に別荘らしきものが見えたり。

ボートもたくさん。

個人で所有しているものなのかレンタル用なのか。私は船酔いしますからね…小さなボートは怖いです。でも今回の遊覧船は大丈夫です。

湖水地方といえば、先程のピーターラビットの生みの親、ビアトリクス・ポターの故郷としても有名。ウィンダミア湖の隣、エスウェイト湖の周辺らしいです。

ポターが暮らしたニア・ソーリーや、農場のヒル・トップなど行きたかったけども…。今回のツアーには含まれてなかったので、ちょっと残念。

でもその分、これからまだまだ色んな名所を巡っていくんですけどね。

 

 蒸気機関車 L&H鉄道

ゴール地点であるレイクサイドとハーバースウェイトとを結ぶ蒸気機関車。

約18分かけて移動するのですが、観光用となっています。

これに皆で乗りまして、無事に終着駅に到着。連結作業が見られるところでしたが、トイレに行ってたので見逃してしまってます。

ですが、機関車が走り去る前に何とか顔は撮影できました。

正面はこんな感じでした。

あれれ…?雑誌では機関車トーマス風だったんですけどもねー…。まぁ色々タイプがあるのかな。

蒸気機関車が走っていくのを見届けました。

 

 本日の夕食 焼き鶏肉とシフォンケーキ

お店はこちらです。

中はこんな感じです。

夕食のメニューは―

  • サラダ
    味がないけどもソースもないので、塩をかけて。
    ⇒ 美味い。素朴すぎるけど生野菜はなんかホッとする。

  • 焼き鶏肉&隠れポテト&野菜たち
    鶏肉大きく隠れイモが多い。ソースが母の味に似てて衝撃。ニンジン可愛い。
    ⇒ 味付けが母の手料理に似ているからとても美味しい。

  • ジャムなどが入ったシフォンケーキ
    この後上から牛乳似のクリームをかけてくれた。甘いケーキ。
    ⇒ かけてくれたから甘さが緩和されて丁度良い感じに。

夕食もおいしく頂きました。

本日宿泊のホテルに向かって移動します。

 

 ロビーの内装が可愛らしい 宿泊したホテル

夕日に照らされてオレンジ色に。

しかしこのとき時刻は21時。日本と違って明るすぎですよー。

夏の期間はほんと遅くまで明るいので1日たっぷり遊べますね。その代わり冬はかなり早い時間から暗くなるそうで。

イギリスは夏旅行にピッタリなようですね。

ロビーには暖炉があり、天井には花の模様が付いていたり。カーテンも可愛らしいですね。

この日もシャワーを浴びたら眠くて眠くて…。

明日行こうと思ってる店などを雑誌で予習しつつ、すぐ眠りました。

4日目に続きます。。。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA