家・植物

マチ付きジップロックで、お米と園芸用土の保管方法

以前からお米と園芸用土の保管方法を改善したいと思っていて、色々考えてみた結果、マチ付きジップロックで保管することにしてみました。

 

 ジップロック ビッグバッグ 5枚入り

購入したものがこちらのジップロックです。

私はキッチンでは普段IKEAのチャック袋をよく使用しているので、ジップロック製品を使うのはかなり久しぶりですね。

広げてみるとこんな感じです。

サイズは38cm×38cmで、容量は約11ℓと結構入るようになっています。使用例には玩具や雑貨の他、洋服などの保管にも向いているようでした。

 

 お米の保管

今までのお米の保管方法ですが、冷蔵庫の野菜室に米びつごと入れていました。

この米びつは1人暮らしの頃に買ったもので、流し台の下で保管するのに使っていました。

メーカーはtowerで、このシンプルなデザインと、蓋の内側にゴムでしっかり閉まってくれるところが気に入っていました。

冷蔵庫を買い換えてからは、今のように冷蔵庫で保管するようになったのですが、この米びつを毎回持ち上げて取り出すのが重いし、保管スペースも結構取るので何とかしたいと思っていました。

冷蔵庫に保管している理由は、お米は冷蔵しておく方が良いというのを見たことがあったからです。

あと、野菜室に関係のない調味料や食材などを入れていますが、これはこの場所を“パントリー代わり”にもしているからです。野菜は長期冷蔵保存することが少なく、このスペースはよく空いているので活用しています。

ジップロックにお米を袋ごと移動させてみました。

お米はいつも無洗米を買っています。冷蔵保存をする前からそうですが、無洗米は虫が付かないので助かります。5kgのサイズは冷蔵庫に入れるのに丁度良いサイズでもあります。

ジップロックに入れると袋が少しあまりますが、マチ付きなので底が突っ張る感じがないのが良いですね。

野菜室へ戻してみると、手前に少し余裕ができました。

保管するものが一時的に増えたとしても、置く場所が増えたので問題なさそうですね。

Amazonのレビューでも、米びつ代わりに使っている方がいましたので、そのように使っている方は結構多いのかもしれませんね。

 

 園芸用土の保管

今所有している土は、観葉植物用・紫陽花用・薔薇用の3種になります。

使用途中の土の袋の開閉が今まで結構不便でした。上部は透明テープでしっかり留めて、傾けても土が漏れないようにしていました。

でもこの園芸用土の袋は、微生物の呼吸やガス抜きのために小さな穴がいくつか空いているので、土を動かすとどこかしら土が漏れるようになっているんですよね。

それぞれ中途半端な土の量が余っていますが、配合物が異なるし、まだ使い回しをしていないものもあるので、用途を維持する意味でもこの3種は分けて保存しなければなりません。

そこでジップロックの出番です。

3種類をそれぞれ直接投入し、右上には土の用途名を書いておきました。

土の量が少ないため袋がだいぶ余ってはいるものの、これからは出し入れがいつでも楽にスコップでできます。マチが付いているので袋が倒れないのも安心ですね。

ただ保管中に、たまに口を開いて新鮮な空気を入れ替えたりした方がいいかも…とは思っています。

米びつは土の保管場所になりました。

生活感を隠す収納になりましたが、土がテレビ横にある必要性はあまりないので、そのうち移動させるかと思います。

できれば土は、このままコンポスト計画をと考えているので、方法についてはまたいつか載せる予定でいます。

 

 まとめ

マチ付きジップロックのおかげで、お米と園芸用土の保管がしやすく、また出し入れもスムーズにできるようになりました。

生活の中で“不便”と思っていることがあっても、良い方法が中々思い浮かばなかったりもしますが、雑誌やネットからヒントも得ながら、少しずつ変えていければと思っています。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA