お役立ち情報

家族のコロナワクチン接種状況について

先々月にワクチンの2回目接種が終わった私と夫ですが、離れて暮らす家族の接種状況や、それぞれの反応の出方(副作用)について、自分達の状況も含めてどうだったのかをまとめてみました。

 

 母の場合:医療事務で病院勤務

ファイザー製

  • 1回目:3月中旬
  • 2回目:4月初旬

副作用

  • 1回目、2回目、翌日に腕が痛い。熱は無し。

母は医療従事者に含まれないけども病院勤務なので、ワクチンは早めに打っていました。

副作用は腕の傷み以外は無かったようです。

抗体検査もしてくれたようで、母の場合の数値は平均より若干低かったようですが、同僚に平均値より倍以上の抗体があった人もいたようで、副作用の出方も影響するのか抗体数は人によって差が異なるようでした。

 

 妹の場合:オーストラリア在住、介護施設勤務

ファイザー製

  • 1回目:4月中旬
  • 2回目:5月上旬

副作用

  • 1回目:翌日に腕が痛い。
  • 2回目:当日の夜中にシバリングがあるが、熱は無し。翌朝測ると熱が有り。

妹は日本で看護師の資格を持っていますが、その資格では看護師としては働けないので、介護施設で勤務しています。

そのためワクチン接種もやはり早く打っていました。

シバリングは体がカタカタ震える症状のことですが、その動きが激しく、バタバタ手足が動くレベルで全身が制御できなくて本人はかなり驚いたようでした。

翌朝には熱が出ていたようですが、解熱剤を飲んで数時間寝るとすっかり回復したようです。

やはり若い人程反応が結構強いのか。

妹の話を聞いて、私は自分が打つのが少し怖くなりました。

 

 私の場合:主婦

ファイザー製

  • 1回目:7月上旬
  • 2回目:7月下旬

副作用

  • 1回目:翌日に腕が痛い。
  • 2回目:当日夜から腕が痛い。翌日さらに腕が痛い。熱は無し。

私と夫は運良く自分達の年代で予約できる施設を見つけ、予約した翌日に一緒に接種できたので、2回目も一緒に受けに行ってきました。

1回目は翌日からの筋肉痛のような痛みがきましたが、2回目は当日夜から痛くて、寝る時も痛みを感じながら眠りにつきました。

翌朝からは動かす度にさらに腕が痛く、そのせいで体もダルく感じましたが、熱はなかったので普通に家事をしていました。

 

夫は2回目の翌朝から段々体調を崩して熱を出したので、リビングに敷布団を敷いて寝かせました。寝室にはテレビがないので、リビングで楽しそうにテレビを観て過ごしていました。

夫は有休を接種翌日から2日連続で取っていたので、翌々日も安心して体を休めていました。

 

2人でダウンしなくてよかったですが、私の副作用がそんなに出ていなかったのは、なぜなんだろうという疑問が少し残りました。

 

 お義母さん、お義兄さんの場合

  • 1回目:8月上旬
  • 2回目:8月下旬

最初に1回目を予約していたクリニックで延期があったようで、また予約を取り直していた話を聞きました。

お義兄さんは2回目の翌日に熱が出てしまったようです。やはり夫と同じ症状なようでした。

 

 まとめ

ワクチンを接種したタイミングはそれぞれ異なり、年齢や体質によっても副作用の出方に差がありますが、とりあえず家族が接種することができて良かったです。

今のところ、打った後の反応以外、家族に何か症状が出ていることはなさそうです。

3回目の話が上がってきてますが、もしその時がきたらよく考えて行動を移さなければと思っています。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA