ブログ

買い換え予定の物を良いタイミングで貰った話

以前から母に、使用していない食器を持って帰らないかと聞かれていました。

なので先日帰った際に、食器を一部貰って帰りました。

 

 食器棚に眠っていた未使用の食器

山本寛斎の漆器のお椀5つ

良いお椀だけどずっと使ってなくて、と見せてくれたのがこちらのお椀です。

漆塗りで未使用なので、お椀が艶々としています。裏面底には山本寛斎のシールが貼ってありました。

側面に鳳凰が描かれたお椀

お椀には美しい鳳凰が描かれていて、角度によって少しキラキラと輝いて見えます。

底の辺りが深いデザインで、フォルムも可愛らしいです。

この綺麗な鳳凰を一目見て気に入りました。綺麗だからというのもそうですが、器を見た時に“良いご縁”というのを直感的に感じました。

元々鳳凰は縁起の良いものだから、そう感じたのかもしれませんね。

 

 我が家で使っていたお椀

こちらが今まで使っていた100均のお椀です。

結婚時の夫の所持品だったのか、とりあえず2つあったのでずっと使っていました。味噌汁でもコーンスープでもこのお椀を使ってましたね。

結婚時に食器はあまり多くを買い揃えなかったので、2人分ずつがだいたい多いのです。

必要であればまた買い足したらいいし、もしかすると好みが変わって別の物が欲しくなるかもしれない。その時に合わせて変えていったらいいかなという考えです。

でもそうして買い揃えてなかったこともあり、今回実家のお椀を我が家で活用できることになりました。

 

 今までありがとう、という気持ち

新しいお椀へ代替わりですが、お別れはなんだかやっぱり寂しいですね。

頻繁に使用機会があって、随分お世話になりました。シンプルな100均のお椀だけど、金額関係なしに愛着があったんだと思います。

これからはこの新しいお椀を大事に使っていきたいと思います。

母から「食洗器は使えないからね」と何度も言われましたが、我が家に食洗器はないので今のところそれは問題なさそうです。

熱湯はあまり良くないと思うのですが、味噌汁の温度ぐらいなら耐えられるのかな…多分。

漆器の扱いに注意しながら、長持ちさせていきたいと思います。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA