修理・改造

セーラームーンガチャのコンパクトをリモコン点灯に改造

セーラームーンのガチャのコンパクト改造の第2弾です。

今回はリモコン操作でコンパクトを光らせる改造にしてみました。

 

 準備するもの

ダイソー リモコンライト[イルミネーション]

ダイソーですが100円じゃなくて300円台で売られている、リモコン付きのライトです。

リモコンのボタン操作でカラフルに好きな色に変えられて、徐々に色が変化するモードも付いています。何気にタイマー付きだったりします。

セーラームーン 変身ミラーコンパクト

以前も似たようなコンパクトが出てきましたが、今回は【ちびムーンコンパクト】の方を用意しました。

中は前回と同様に、上部にミラーで下部は小物入れになっています。

それではこれらを使って、今回も改造を進めていきたいと思います。

  • 全ての機械に言えますが、分解するとメーカー保証が無くなります
  • 分解・修理・改造は全て自己責任でお願いします

 

 分解する

ライトの基板と電池バネを取り出す

ネジを外して開けてみると、基板はこのように結構小さなサイズとなっています。

これぐらいの大きさなら、なんとかコンパクトに押し込められそうです。

基板と電池バネを半田ごてで取り外します。

コンパクトの黄色のプラを取り外す

上部は蓋との隙間にヘラを滑りこませて浮かせて取り外します。

下部は繋ぎ目カットして取り外します。

 

 改造する

電池ホルダーと基板をおさめる

電池ホルダーはコンパクトの内側にグルーガンで留めて、通電するように角度を微調整しました。

電池が結構傾いていますが、これでも一応通電できています。ただし電池ホルダーを使用しない方法のため、電池同士の距離が近く、ショートする危険性があるのでオススメできません。

この状態で電池を触った時に、もし熱くなっていたらショートしてる可能性が高いので、配線をいじる必要性があります。

ホログラムシールを貼る

LED周辺にホログラムシートを貼り、蓋部分には同じくシートをグルーガンで貼り付けました。

リモコン受信部が最初下から出ていたのですが、蓋が閉まりづらかったので、半田ごてで上からに取り付けたり調整しています。

 

 完成

ホログラムはクリスタルの方が良い

ホログラムシートは色んな種類があるんですよね。

分解前の内側に貼られていたのはスクエアですが、私が貼ったシートはクリスタルなので、こっちの方が輝きは綺麗だなと思いました。

昔に玩具で販売されていた方のコンパクトも、恐らくクリスタルのようなカットのが貼られていたと思います。

でも中央の穴がちょっと気になりますが…。

光らせると綺麗

リモコン操作で点灯させてみると、それなりに綺麗に光ってくれました。

いろんな色に変えられますが、ピンクが一番似合っていますね。

 

 気になる箇所

中央の穴が目立つ

先程も書きましたが、コンパクトの中央部分はライトの為の穴が必要なので、そこだけぽっかり空いているのは気にはなります…。

LEDは2種類付いているので、穴を大きくする必要があったんですよね。白点灯用のLED(黄色)も目立つのが少し気になりますが…。

ライトが点いていない時は穴がちょっと気になりますね。

隙間は若干空いてる

コンパクトの隙間はやっぱり若干空いてしまいますね…。

でも、今回は電池や配線などが全てコンパクト内におさまったので、それが見栄え的には少し嬉しかったりはします。

 

 まとめ

今回のコンパクトは音声やメロディなどはありませんが、リモコンで自由にライトの色を変えられる改造ができました。

電池類がはみ出さずに中におさまると、やっぱりコンパクトらしくて良いですね。

暗い部屋でも結構眩しく光りますが、逆に言えばLEDの光を和らげるものが付いていないので、直視するのは避けた方がいいですね。

とりあえず、第2弾もなんとか完成してよかったです。

点灯の様子がわかる動画も編集出来たので、YouTubeへ載せました。よろしければこちらもご確認下さい。

動画ページ

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA