ブログ

もちもちで美味しい手作りナンを作ってみよう

スーパーで安い日に、強力粉とドライイーストを買いました。

これらと家にある材料を使ってナンを作ってみようと思います。

 

 インド料理で食べたナン

作るきっかけとなったのは、以前記事に書いたインド料理店で食べたナンでして、家でも食べてみたいと思ったからです。

店と同じようには難しいかもしれないけど、美味しいナンが手作りできたらいいなという、そういう気持ちで作りました。

郵便局に行った後にインドカレーを食べてきた今日は3連休の最終日でしたね。 街の郵便局へ行った後、そのまま昼食をとってきました。  土日祝も空いている郵便局へ メルカ...

 

 レシピはクラシルのもの

今回のレシピは検索して、すぐに出てきたクラシルのレシピです。大体私はクラシルのをよく使ってますね。

動画を観ていても簡単そうですし、材料を集めて早速チャレンジです。

 

 ナンを作ってみよう

材料を混ぜ合わせ、寝かせる

レシピ通りに材料を混ぜ合わせて、ラップをかけました。

表面が綺麗でないですね…。

生地は最初はゴムベラで混ぜ、混ぜが少し足りないかなと思ったので手でも混ぜました。手に生地がくっつきやすいから、ある程度はゴムベラがいいです。

これを常温で30分寝かせるのですが、今は冬だしなぁと考えたり…。

そこでこの後、パソコン作業をするためにコタツに入ったので、ボウルも一緒に中に入れておくことにしました。

でもパンのように発酵で温める必要はなかったかと思います。

フライパンに広げて焼く

レシピでは生地を伸ばしてからフライパンに入れていましたが、私は直接フライパンで広げました。

打ち粉で生地が硬くなるのを防ぎたかったんですよね。私は型抜きクッキーを作る時に、大体打ち粉をし過ぎて硬くしてしまうタイプなので…。

テフロンのフライパンなので、生地がへばりついても、徐々に熱していくうちに綺麗に裏返しができます。

 

 完成したナン

こちらが焼き上がったナンです。

最後に表面にバターを塗っているので、艶加減が美味しそうに見えます。

千切って食べてみると…もっちもちで美味しい!

正直動画を観ている時は、そんなにもちもちしてるとは思ってなかったのですが、実際作って食べると…これは、もちもちだわ…!

柔らかくて美味しいから、夫も喜んで3枚ぐらい食べてくれました。

ただ1つ気になる点は、美味しいナンではあったけども、店のとは違って甘みは少なく感じたんですよね。

これは材料に塩が入っているからか、それとも発酵させすぎて甘みが消えてしまったか…。

強力粉はまだ残っていますし、また同じの作って試してみるか、違うレシピで挑戦してみるのも手かなと思いました。

 

 まとめ

簡単に手作りナンができて良かったです。もちもちナンが食べたい方にはオススメなレシピだと思います。

手作りでも美味しく作れることがわかったので、また定期的にナンを作ってみます。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA