ブログ

京都土産のスイーツ・甘麹チーズプリン&茶の菓

夫が買ってきたお土産はスイーツもやっぱりありました。京都に行く前から買おうと狙っていたお菓子だったようです。

食後のデザートに2人で食べてみることにしました。

 

 買ってきてくれたお菓子たち

こちらが気になって買ってみたと話していたお菓子です。

西利のAMACOから出ている『甘麹チーズプリン』と、マールブランシュから出ている『茶の菓』です。

昨日記事に書いた漬物で有名な西利から、こういったスイーツも出していたんですね。

西利の漬物『京のあっさり漬〈大根〉』が大好きな理由日曜に夫が仕事で京都へ行ってきたのですが、その帰りにお土産を色々買ってきてくれました。 その中の1つが、私の大好きな西利の漬物でし...

 

 それぞれを食べてみた感想

甘麹チーズプリン

チーズプリンは4個入りで、甘麹菓子についての解説も入っています。

木のスプーン付きなので、出されたらすぐ食べられる感じですね。

チーズプリンなので、冷蔵庫で冷やした上でいただきました。

蓋を開けると、中は結構白っぽいです。

とてもさっぱりした味わいで、ヨーグルトに近い感じがあります。ラブレ乳酸菌の力で、自然な甘みと酸味を出しているようです。

私はヨーグルトは苦手なのですが、でもこれは“~っぽい”というだけで、独特な匂いとかもなく、食べやすかったんですよね。

麹の癖のような香りというのも特になかったので、食後のデザートとしては、後味さっぱりになるので良いなと思いました。

お濃茶ラングドシャ 茶の菓

茶の菓はパッケージが可愛らしいですね。

お茶の妖精のようなキャラが描かれています。

このサイズの箱は、ラングドシャの枚数は5枚入りとなっていました。

コンパクトですし、誰かに少しプレゼントするのにも渡しやすいサイズですね。

上に押されている焼印は、3種類ありました。

全部一緒ではないという、拘りが入っていますね。

食べてみると、濃茶ということもあり、かじった瞬間からお茶の香りがしました。

中にはホワイトチョコが挟んであります。

チョコは濃厚で甘みは強めですが、上下の生地が甘さ控えめとお茶のほのかな苦味で、丁度良いバランスがあります。

このラングドシャはもっと食べたくなる味でしたね。ちびちび味わいました。

 

 まとめ

京都スイーツのお土産も、チーズプリンとお茶のラングドシャで両方美味しくいただきましたね。

京都の旅行もまたいつか行きたいですね。昨年は伏見稲荷大社へ行けたので、それは満足していますが、夫ともやっぱり旅行に行きたいです。

赤い鳥居がずらりと並ぶ伏見稲荷大社29,30日は友人と京都へ一泊旅行に行ってきました。 昼までに京都駅へ向かい昼食をとった後、JR奈良線に乗って稲荷駅で下車しました...

今年は夫とどこか旅行に行けるかわかりませんが、行けなかったら近場で外食なども楽しもうと思います。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA