修理・メンテナンス

調子の悪いグラボをmsiのグラボに交換

msi GeForce GTX 1660Ti AEROのグラフィックボードです。

実は少し前にこちらに買い替えていました。前のグラボ、メンテでしばらく良くなりましたが、あれからまたファンが高速回転してしまったのです。

グラフィックボードの回転数を下げるため分解清掃 Pailt NVIDIA GeForce GTX 1660Ti 分解してみました。 私のタワーに入っているグラフィックボードで...

ソフトでも制御できないので、やっぱり入れ替えることになりました。

ほぼ未使用品のものを購入し良いお値段でしたが、今は価格高騰しているので、安い時に買っておいて良かったです。

 

 msiとPailtのグラボ比較

取り外したPailtのグラボと並べてみました。

同じ1660Tiでもメーカーが違えば、結構作りが違って中々面白いです。

グラボを交換したら、やっとファンは静かになり、ソフトでの回転数制御もとりあえず上手くいってます。

 

 ジャンク品でもヤフオク・メルカリで売れる

ちなみにグラボは、分解後も調子が悪いことを明記した上で出品しましたが、ジャンク品でも高めに売れたので、次のグラボの足しになって助かりました。

費用としてはこんな感じになりました。

1660Tiの売買価格

  • 中古購入:25,000円(当時Amazonでは新品30,000円台)
  • ジャンク品売却:12,000円(手数料別)

売却を足しにすれば、買い替え時に15,000円以内で購入できたことになります。

使用できるとはいえ、ジャンク品なのに10,000円以上で売れたのはほんとよかったです。

壊れた機器でも意外と売れるので、ヤフオクやメルカリを活用するのも良いかと思います。
ただし注意点もあります。

  • 内部に個人情報が記録されている機器の売却は、情報漏洩し悪用される恐れがあります

住所氏名、写真や映像が記録されたものは、修理できた際に見られる可能性があります。

HDDなど内部データを削除しても、復活させることができる人もいますので、そういう記録媒体は抜き取って出品するというのもありです。

 

 まとめ

分解清掃だけでは直らなくなり買い替えとなりましたが、回転数が落ち着いて良かったです。

出費は辛いけど、原因のパーツのみを交換できたのでタワーで良かったです。持ち運びしない&置き場の確保が可能なら、やっぱりオススメです。

PCがしばらくこのまま問題なく過ごせるといいなと思います。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA