ブログ

子供の頃から使用している電気しき毛布

夜でもあまり寒くない季節になったので、敷きパットを衣替えをすることに。良い天気が続いたので2日連続洗濯して、片付けることができました。

その際、電気しき毛布も一緒に洗濯して片付けました。

 

 National しき毛布 ゆめ DB-226 

これが洗濯した電気しき毛布ですが、ナショナル時代の古いタイプのものになります。

私が子供の頃から使っているものです。妹も確か同じものを使っていたので、実家に行けば多分もう1つあると思います。

結婚後、夫には新しいのを買おうかと思いましたが、夫は必要なかったようなので、私だけ冬はこれを使っています。

 

 愛着のある電気しき毛布

少しレトロな電気しき毛布ですが、使い勝手が良くて気に入っています。メモリが細かく設定できるので、自分の体感温度に合わせて微調整がしやすいです。

昔のものはほんと持ちがいいですね。まぁ電気毛布の場合、コントローラー部は今の製品とほとんど変わらないかもしれないし、今のも持ちは良いのかもしれませんが…。

とりあえず長く使えるというのは有難いですね。

冬が近づいてこの電気しき毛布を箱から出す時は「これからよろしくね」という気持ちになり、電源を入れてみて光ると、その年も使えることにホッとします。

片付ける時は「また次もよろしくね…」と箱を閉じると少し寂しくなりますね。

今までこれのおかげで、就寝時は暖かく眠ることができたので、今後もまだまだ使っていきたいと思います。

 

 まとめ

長く使用している電化製品は、探してみると意外とあったりしますよね。

新しい家電も好きですが、レトロなものにもそれにしかない良さもあったりするので、どちらも大事にしていきたいと思います。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA