家・植物

照明をスポットライトシーリングに交換

最近照明の調子が悪くなってきたので思い切って別のに買い替えてみました。

購入したのはLEDIA6(レディア6)です。

デザインがシンプルで綺麗だと思ったのこちらにしました。

 

 開封時の様子と使用した電球

照明が届いて開けてみた時の状態です。折り畳まれているとはいえ、結構大きく感じました。

1人で取り付けに挑戦したものの、やっぱり助っ人がいた方がいいですね。

腕がずっと上がりっぱなしなので結構疲れます。最初に付いている照明を外してから取り付けるので、さらに疲労感が…。

でも休憩しながら頑張って取り付けを行いました。

電球はAmazonで注文したこちらのLEDを使いました。

電球色と昼光色の2種類を購入したのですが、こんなに小さくてもLEDの電球は結構高いですね…。

 

 照明のビフォーアフター

以前の照明はこちらです。

円盤型で金色の爪のような飾りが付いているもので、引き紐が付いた昔のデザインのものです。

その照明が―

このようになりまして、結構明るいです。

でもこちら、6灯取り付けられる内の4灯しか取り付けていません。

6灯も電球点けると眩しすぎてしまうのです。

 

6灯タイプを購入した意味がないのでは…?

 

いえいえ、そんなことないです。

LEDIA4という4灯のもありますが、そちらは可動箇所がないので曲げられないのです。

こちらは2箇所の可動箇所があり、自由に向きを変えられるので気に入っています。

 

 切り替えは3パターン可能

全灯の様子です。

外2つは電球を外しているので、4つのみです。内2つに電球色、その外側に昼光色を使用しています。

日中で明りが必要な時はこの明かるさで過ごしています。

外4灯の様子です。先程同様、外2つがないので2灯のみです。

昼光色のみが点灯するので、白っぽい部屋になりますね。結構暗いのではないかと思われそうですが、これでも結構明るいです。

朝起きた時はこの状態の明かりを点けるのが丁度良い感じです。

内2灯の様子です。電球色のみが点灯するので部屋がオレンジ色に染まります。

夜に部屋で過ごすときはこの明るさでまったりと。

というわけで、電球色と昼光色とを購入すると、切り替え時に楽しめますね。調光機能付きなのはLEDIA4の方でしたが、3段階の点灯切替だけでも私には充分でした。

点灯切替はリモコン操作となりますが、そのリモコンがこちらです。

なんか…ちゃっちい。すごいオモチャ感があります…。

どうしてこの配色になってしまったんでしょうね。

普通に白一色で良かったのに、かなり目立っていますね。

 

 まとめ

この照明は6畳~10畳用なのですが、私の部屋は6畳です。

あのLED電球を使用した場合は、4灯だけでも十分明るいということがわかりました。シーリングライトの設置により、部屋がカッコイイ雰囲気になって嬉しいです。

部屋が自分にとって癒される空間になるように、これからも手を加えていきたいと思います。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA