お役立ち情報

簡単手直し!敷きパッドの伸びたゴムを短く縫う方法

我が家はベッドを使わないので、マットレスの上に敷きパッドを被せて使用しています。

でも長く使用していると、段々とゴムがへたってくるんですよね…。

そこで今回は、ゴムを短くして再利用する方法を試してみました。

 

 ゴムの状態を確認

裏返して引っ張ってみると、“びよーん”とたるんでいるゴムです。

マットレスから外してみると…

こんな感じです。敷きパッドゴムあるあるですね。

ゴムが伸びてくると、頻繁にズレて使い辛くなってきます。特に夫の場合、寝返り回数が多いので、朝にはかなりズレてしまっています。

このままではよくない…。使いやすく手直ししてしまいましょう。

 

 ミシン糸を準備する

まずは、ゴムに合う色のミシン糸を探してみます。

大量に持ってるからどれかは一致するかな。

正直このゴム部分は裏面になるので、普通の白糸でもええやんって話なんですが、なんとなく色を揃えてみました。

ボビンに糸を巻き付けていきます。

この作業、未だに私は失敗することがあります。高速回転しているので、変な位置に糸が移動していまうと、そこでぐちゃぐちゃに絡まるんです。

まぁ要はどんくさいということですね。

ボビンの上下には色No.をマジックで書いておきます。こうすればボビンが増えてきても、ナンバーで探すことができるかなと。

 

 ゴムを短くして縫う

今回のゴムの手直しとしては、一番簡単そうな方法でやってみました。

  1. たるんでいる部分を上に引き上げて、待ち針で止めてループを作る
  2. 待ち針で止めたところを、ミシンで縫う
  3. ループの上部分を横に倒して、縫い付ける

この方法はゴムをカットせずに重ねて縫うだけで、しかも縫うのは2箇所のみという作業になります。

物差しとかは使わずに、目で見て大体の長さでやる分、作業が面倒に感じないです。ミシン糸は色に拘ったのに、長さは適当というね…。

マットレスは分厚いですし、この一部の重なりぐらいだったら、段差などは特に感じることはないかなと。

写真では③を終えようとしているところなのですが、重なった部分の上下のループ部分が気になる場合は、その部分も横に縫っていくと良いかと思います。

 

 縫い終えた後の様子

伸びてしまったゴムが短く丁度いい長さになりました。

マットレスに付けてみてもズレにくいし、ストレス軽減ですね。

これでしばらくはまた持ちそうです。

 

 ほんとはゴム交換をした方が良い

私の敷きパッドのゴムも同様に縫いましたが、そのパッドはもう10年以上使ってるようなパッドなので、ゴムがかなり薄くなってました。

この短くする方法は、ゴム自体が伸びてしまっているので、一時しのぎ的な感じになってしまいます。ただゴムが伸びた理由で捨ててしまうぐらいなら、一旦は短く手直しして長持ちさせるのもありかと思います。

ゴムの付け替えが苦手でなければ、手芸店で強力な平ゴムを買ってきて付け替えた方が、やっぱりしっかりフィットしますし、長持ちもしやすいです。

とりあえず今回はゴムを短くしましたが、次にまた伸びてきてしまった時は、平ゴムを交換しようと思います。

 

 まとめ

今回は敷きパッドのゴムを、簡単に短く手直しする方法でやってみました。

家にミシンがある方でしたら、30分ぐらいでパパッと手直しができますので、ゴム交換が大変そうと感じた場合は、まずは短くしてみる方法を試してみて下さい。

冬も敷きパッドを敷いているので、それもまた伸びていたら手直ししようかと思います。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA