お役立ち情報

11年前に作ったキャラ弁、ゼルダの伝説特集

先日カービィのキャラケーキを載せましたが、私はケーキ以外にキャラ弁も作っていた時期があります。

ゼルダの伝説の弁当、略してゼル弁!

昔からゼルダの伝説が好きなので、そればかり色々作っていました。

11年前の作品たちですが、引っ張り出して紹介していきたいと思います。

 

 ゼルダの伝説 風のタクト

神話の版画弁当

風のタクトのOPでの神話に登場した場面を作った、キャラ弁初挑戦の時のものになります。

このシーンはリンクが魔王ガノンドロフと最期の戦いの場面です。

この神話は『時のオカリナ』のことを示しており、風のタクトはその時代よりだいぶ後の設定となります。

風のタクトのOP映像より

実際の版画のOPはこのようになっており、まぁ大体似てるかなといった具合です。

チーズの上にデザインナイフでカットした海苔を乗せていますが、細かな部分が多くて苦労しました。

大きなリンクの弁当

こちらも風タクのリンクで、このゲーム内ではリンクのキャラクターデザインが猫目タイプとなっているので、それっぽい感じに表現してみた…つもりです。

金髪は海老の天ぷらで表現しています。髪の部分で海老が思った以上に必要となり、左に可哀想な海老が転がっています。

リンクの服はキャラ弁向きのふりかけをご飯に混ぜ込んで作っています。

お団子頭の妖精弁当

風タクが出るまで、妖精といえば球体でホワホワした姿が多かったですが、このゲームでは妖精が人型で出てくるんですよね。

妖精は瓶に捕まえておくと、ハートが0になった時に瓶から出てきて復活させてくれるという、頼もしい存在です。

弁当としては表現しやすいかなと思ったのですが、お団子頭をどうするかで悩んでましたね。結局チーズを使ってますが…。

プチトマトは少しカットして、回復してくれるハートを表現しています。

風のタクトの妖精の女王の映像より

中央にいるちょっと怖そうに見えるのは妖精の女王ですが、左右にいるのが普通の妖精たちです。

穏やかな顔をした癒し系の妖精で、瓶で捕まえると涙を流しているのもまた可愛かったです。

 

 ゼルダの伝説 スカイウォードソード

ゼルダ25th記念の弁当

昨年ゼル伝は35周年を迎えましたが、11年前は25周年だったんですよね。

なのでそれを自分もお祝いしたくて作った弁当です。

海苔の文字が小さすぎて、版画の時と同様作るのをかなり苦労しました…。文字を作ったらすぐ貼らないと、息で吹き飛んでしまいそうになります。

後ろにいるリンクは、ロフトバードという鳥ちゃんに乗って大空を飛んでいる時のリンクですね。

文字だけだと寂しいから、リンクもとりあえず作っておこう!みたいな感じです。

幼馴染のゼルダ弁当

スカイウォードソードでは、ゼルダは確かリンクの幼馴染的な設定でしたよね。

神の生まれ変わりとして、転生していたような…?記憶がだいぶ曖昧です。

ゼルダとリンクといえば、姫と勇者という身分の違う存在だったので、ゼルダとリンクの距離が近いというのが当時は斬新に感じました。

顔は公式のイラストを元に作ったものですね。

ロフトバードに笑顔で話しかけているシーンですが、細かい作業を避けるのもあり、ゼルダだけアップで作ってます。

スカイウォードソードのゼルダ登場映像より

ゼルダも作品によって見た目も随分変わるけど、どんなに絶望的な状況でも悪に屈することなく芯が強いところも美しさの1つだなと思います。

 

 ゼルダの伝説 時のオカリナ

時のオカリナからは、ゴロン族の顔を表現した弁当になります。

ゴロン族も作品によっては登場したりしなかったりとありますが、こちらも作品ごとに姿が結構変わってきますね。

時のオカリナのゴロン族との会話映像より

時オカではこんな感じで、ぬおーんとした感じの顔をしています。

三角な頭がまさしく弁当のおにぎりにピッタリです。

喋り方も語尾にゴロと付けたり、鳴き声もゴロ~と叫んでいたりと、時オカのはおっとり癒し系なタイプですね。

時オカが一番好きな作品の割には、弁当はゴロンだけしか作っていないというね…。

 

 ゼルダの伝説1

最後に作ったキャラ弁は、初代のディスクシステムの頃のゼル伝弁当です。

ご飯を長方形に成形して、ファミコンのコントローラーを表現してみました。後ろのいるリンクは海苔を細く切って線だけで表現したので、チーズに貼り付ける時に苦労しました。

この弁当の完成後、当時はキャラ弁作りに満足したので、その後は作ることはやめました。

 

 自分の弁当だから自由に

私は夜に家族がそろそろ寝始める頃という時間帯から作り始めていました。

お弁当のおかずは当時は母が作ってくれていたもので、「弁当は自分で詰めるから!」と伝えてキャラ弁を作っていました。

海苔で絵や文字を作るのはやっぱり細かい作業になるので、作るのに2時間かそれ以上はかかってました。朝からは作れそうにないですね…。

弁当を食べるのは自分なので、自由に色々作っていましたね。家族が食べるものだったら、ご飯の量とかバランスはやっぱり考えるかなと思います。

“キャラ弁作りに挑戦してみたい!”と当時は思ってチャンレンジしたので、とりあえずやってみて、苦労や面白さを知ることができてよかったと思っています。

“チーズ海苔ご飯って、食べてみると意外と合うんだな…”とか、そういう発見もありましたしね。

 

 まとめ

写真を改めて見て、一生懸命これをやっていた頃もあったなぁと思い出して、懐かしくなりました。

どんな事でもやってみたいと思ったら、その時に行動するのが良いですね。

写真を撮るのが好きなので、色々思い出に残しておいて良かったです。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA