ブログ

パイプカッターで手伝い&大阿蘇どりの山賊焼きを堪能

今日は朝に夫を送り出した後、実家に行き不用品解体の手伝いをしました。

色々解体をしましたが、そのうちの一部がこちら。写真は物干し竿とパイプカッターです。

 

 筒ならほぼ何でもカット可能なパイプカッター

厚みのある物干し竿との戦い

実家に長年あった古い物干し竿をカットしました。

いつもの要領で作業を進めていましたが…かなり苦戦しました。カットした断面を見るとかなり厚みがありましたが、こういった物もカットできます。

パイプカッターは独身の頃に、物干し竿を解体したくて買いました。粗大ゴミに出したくなかったので、何分割かにして捨てようと思ったからです。

試してみると女性でも簡単にカットできるので買ってよかったです。早く切断しようと焦らず、丁寧に作業を進めるとちゃんとカットできます。

結婚前の夫にも引っ越し前、同じく物干し竿解体のために貸してあげましたね。

結婚後も、傘や突っ張り棚、折り畳みパイプ椅子なども解体しましたね。一家に一つあると、ほんとに助かる道具だと思います。

最近結構刃こぼれしてきたので、替刃を購入して付け替えもして使っています。

掃除用具や物干しスタンドも解体

掃除用具もお願いと頼まれ、分割してみました。

こちらは細いので、早く作業が進められました。

パラソル型の物干しスタンドも解体しました。

ベランダに放置されていて汚れていますが、軍手をしておこないまいました。ただ、このスタンドを解体する時には夫が仕事から帰ってきてたのでやってもらいました。

夫はこれを5分で解体してくれました。掃除用具を分解した私よりも早い…いつの間にかかなり極めていたようです。

 

 夕食は大阿蘇どりの山賊焼きのご馳走

昼に実家で食べた後、家に戻るときにこのチキンを持って帰ってきました。

母が昼に宅配で受け取った大阿蘇どりです。

夕食前には母とスーパーへ買い出しに行き、私の家で一緒に料理を作りました。実家から私の家まで5~10分の距離なので今はかなり近くなりましたね。

手前のはスーパーで買ってきたイカリング。

母流だといつも細かくカットしていますね。大きいままだとあっという間になくなるし、噛みちぎりにくいので。

トマトサラダはテレビで観た料理を母が試してみたいということで作りました。

刻んだ納豆にオリーブオイル・お酢・塩コショウを入れたものをかけています。最後に刻んだ大葉をトッピング。

私もその録画を観たのですが、滝沢カレンの料理は確かに美味しそうでした。そしていつもながら、言葉のチョイスが面白くて笑ってしまいました。

メインのチキンはこのように焼き上がりました。

フライパンで蓋をしてじっくり両面焼くと、しっかり火が通りましたね。

漬け込まれた特製のタレはスパイスがかなり効いていました。

上からもかけてしまってますが、かなり濃厚なのでお好みで調整できるように分けておいた方が良かったかも。もしかすると削ぎ落してから焼くものだったのかな…。

チキンは臭みもなくて柔らかく、ほんと美味しい大阿蘇どりでした。ひたすらモリモリかぶり付いてましたね。

 

気になるトマトサラダも、納豆が調味料と上手くマッチしていてビックリ。

大葉とお酢で、夏らしいさっぱりとしたサラダでした。美味しくてたくさんよそってましたね。

右側に写っているのはキャベツスープ。母の昔から変わらない味で野菜の優しい甘さでほっこりしました。

 

 まとめ

お昼もそうでしたが、夕食もこうして美味しいご飯を一緒に楽しめてよかったです。

母には色々助けてもらっているので、私も頼まれたらまた手伝いできればと思います。

パイプカッターは粗大ゴミ代の節約にかなり役立ちます。分割して捨てたらゴミの日にはちゃんと引き取ってもらえるので助かりますね。

皆さんも真夏になる前に家の不用品をチェックして、解体してみてはいかがでしょうか。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA