ブログ

カルディの『宇治抹茶の寒天』は食べやすく美味しい

カルディの『宇治抹茶の寒天』を母からもらいました。

少し前に同じシリーズのあんみつも食べたので、味の比較などなども書いてみたいと思います。

 

 つぶあん入り 宇治抹茶の寒天

こちらがその寒天なのですが、容器が結構大きいです。

封を開けると、寒天と餡子がそれぞれ袋に入ったものと、スプーンが出てきます。

食べ方としては、寒天内に入っているシロップだけを捨てて皿に盛り、餡子も一緒に盛ったら完成です。

賞味期限が結構長めなのですが、それぞれ空気を含まず個包装されていることもあって、日持ちしやすいのかもしれないですね。

 

 抹茶寒天のお味は?

スプーンに乗せていただきます。

抹茶寒天は寒天独特な硬さはなく、若干ゼリーに近いような柔らかさがありました。ういろうに似ているのかもしれませんね。

同シリーズのあんみつを食べた時はまんま寒天だったので、蜜がかかってないとちょっと食べづらい感じはあったのですが、こちらは抹茶味なので食べやすくて美味しかったですね。

抹茶寒天自体に甘みはあまり感じないので、餡子と一緒に食べることで、丁度良い甘さを感じさせてくれます。

赤えんどう豆は、コロコロと4つ入ってました。どれも同じ個数かはわかりませんが、これもまたちょっとしたアクセントになっています。

 

 まとめ

普通のあんみつは少量だと食べられるかなという感じなのですが、この抹茶寒天のは食べやすかったので良かったですね。

夏のおやつにヒンヤリと、見た目も味も楽しめました。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA