お役立ち情報

アイロンで付いてしまった服のテカリを消す方法

引き出しにしまっていたスカートにアイロンをかけようとして、やってしまいました。

当て布をせずに当ててしまったので、アイロン型がくっきり付いてしまっています。

このテカリがどの角度からもわかってしまい、このままでは着られそうもないので、なんとか復活させられないものかと、色々検索して実践してみました。

 

 テカリをメラニンスポンジで擦る

メラニンスポンジで擦って毛羽立たせるというのを見ました。

摩擦で生地が傷みにくいようにテカリのある部分のみを擦る方がいいみたいですが、私の場合は難しかったので、アイロンが当たった部分を全体的に擦りました。

擦り方としてはこのようにしました。

  1. メラニンスポンジに水をたっぷり染み込ませる
  2. テカリの箇所に一定方向に向かって小刻みに擦る(手前から奥へ)
  3. 別の方向へも同様に小刻みに擦る(左から右へ)

多方向へ適当に擦るのではなく、一定方向に擦るようにしました。全体的に擦れたらまた擦る方向を変える、という感じです。

ぺちゃんこになった生地を毛羽立たせるイメージで動かします。

 

 擦ってはアイロンがけを繰り返す

擦った後に状態を確認するため、アイロンで水分を飛ばしました。

若干テカリがマシになってるように思えますが、まだ存在感があるので、様子を見ながらまたスポンジで擦りました。

さっきとあまり変わってないような…。テカリが強すぎてどうしようもないのでしょうか。

少し距離を離して見てみますが、やっぱりアイロンの跡がわかります。

しかし、出来る限りやってみようと何度も繰り返してみました。

 

 何度も試した結果

アイロンの跡はほとんど目立たなくなりました!

やっぱり完全にはなくすのは難しく、スカートを広げて凝視すればわかるかもしれませんが、着用して過ごす分には恐らく気付かれる可能性は低いです。

とりあえず着用できる状態になって良かったです。

メラニンスポンジでも繊維を復活できることがわかりました。

 

 まとめ

テカリを薄くできましたが、メラニンスポンジを使用すると生地へのダメージはできます。

生地の相性にもよると思うので、色落ちしやすいものなどは特に注意して下さい。

衣類用ブラシで復活できる例もあるようですが、テカリで困った方は身近なもので試してみてはいかがでしょうか。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA