おでかけ

ドイツ◆フロイデンベルクとケルンを観光、そして帰国へ

朝食のバイキングです。昨日とほぼ同じものを食べてます。

この日はフロイデンベルクに向けて出発です。 

 

 統一されたモノトーン フロイデンベルク

バスで2時間、やっと到着しました。

木組みの町なのですが、他の町と異なる特徴があります。

では丘から街を見下ろしてみましょう。

モノトーンで統一された美しい街なのです。

火災・修復と繰り返しながらも、17世紀頃から変わらぬ街並みなのです。

1軒1軒見て行ったり。どの家も可愛らしいですね。

ちょっと路地に入ってみると様々な植物が並んでいました。

家の壁が白いから良く映えますね。自分の玄関前もこうしてみたい…ということばかり考えてしまいます。

しばらく散策した後、次はケルンに向かいました。

 

 世界遺産 ケルン大聖堂

完成した1880年まで建設開始から600年も経過しています。

中断期間も長かったですが、戦争などの破壊にも耐えられました。ウルム大聖堂もそうですが、長期間建設と維持し続けるのはほんとに凄いですね。

入り口あたりを拡大してみました。

彫刻が細部まで施されていて、繊細だけども威厳のある大聖堂です。


横からも撮ってみましたが、逆光になってしまいました。

大きいので写真におさめるのが難しいですね。

お昼の時間になったのでレストランへ行きました。

 

 本日の昼食 魚のフライとカスタードのデザート

こちらのお店です。

店内の様子です。

昼食のメニューは―

  • トマトスープ
    ハーブがたっぷり入っている。クルトン嬉しい。
    ⇒ スープというよりソースのような濃厚さ。凄く美味しいけど味が濃いかな。 

  • 魚のフライ&ポテト
    魚とポテトのボリューム的に丁度良い感じ。
    ⇒ 魚は表面サックリしてて美味しかった。ポテトも味がちゃんとしてよかった。
     
  • カスタードクリーム
    固めてはないトロトロ状態。アイスではない。上にかかってるのはナッツ類。
    ⇒ カスタードクリームをそのまま食べてる感じでした。甘さ丁度良い。

昼食後、自由時間に最後の買い物を楽しみました。

そして空港のあるデュッセルドルフへ向かい、20時発のANAに乗りました。

 

 帰りのANAの機内食など

しばらくして夕食の時間になりました。お肉を選択したらこちらが登場。

メインの肉は煮込まれたものでトロトロで美味しかったです。ポテトはマッシュタイプでインゲンはたっぷり。右上には稲荷寿司が入っていて、ちょっとビックリしました。

その下にはサーモン…やったぁ!横のポテトにはたらこソースがかかっていました。

帰りの便でも映画を観ましたね。

  • プラダを着た悪魔(途中から)
  • アクアマン
  • 移動都市/モータル・エンジン

で、これらを観た後、体が少し疲れたのか眠ることに。

いつの間にか昼食の時間になっていました。

飛行中に時刻が変わってるので、朝食だけど昼食。オムレツではなく、ライスを選択しました。

いつも食欲あるのに、どうも食欲がない…。そう思いながらもそれなりに食べてました。パンは鞄に入れて持ち帰りましたね。

それからまた眠って…起きた時に時間をみたら、着陸の時間に。

帰りは11時間かけて成田へ到着しました。

時刻は翌日の14時になっていました。日本の方が時間進んでいるので、一気に数時間後へワープしたような気分。

次は16時頃の伊丹行きの飛行機に乗り、居眠りしながらもすぐに到着。

バス・電車を経由して20時頃に帰宅し、旅が終わりました。

 

 まとめ

ドイツでの様々な発見、面白かったです。

食事はソーセージはホテル・お店どこで食べても美味しく、スープ類も濃厚で美味しい。あと驚いたのが、スイーツが甘すぎないことですね。

日本人の口に合う味付け、甘味は嬉しいものです。

ドイツのクリスマスの店、夢のある世界でした。ローテンブルクの街並みもとても良くて、ドイツへまた行くならここへまた来たいです。

イギリス行った時は、もう長時間フライトのは行かない!とか実は思ってました。飛行機がしんどくて…けど3年したらそんな事忘れて、また飛んでましたね。

数年したらまたヨーロッパあたりに行くのかな…? 

また旅行に行きましたら、こちらに載せていきたいと思います。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA