おでかけ

イギリス◆エディンバラ城に鳴り響く空砲とクラウン・ルームの見学

先々週の旅行についてブログに書こうかと思います。

イギリス9日間旅行に行ってきました。

 

 飛行機を乗り継ぎながらイギリスを目指す

日曜の21時頃に日本を出発しましたが、直行便ではないので、イスタンブールを経由するルートとなっていました。

この経由する空港というのが、クーデターのあったアタチュルク国際空港でした。前日まで全欠航でしたが、出発日には鎮圧され運航可能となりました。出発日までドキドキでしたね。

日本からイスタンブールまで約13時間。この10時間以上ということを考えるだけで気持ちが挫けそうになります。

機内では英語版ズートピアを観たり、寝たりを繰り返してようやくイスタンブールに到着。

しかし次の出発は約3時間後なので、空港で適当に過ごした後また搭乗口へ。

機内では再び、映画⇔睡眠と繰り返して約4時間過ごしました。

 

 スコットランド エディンバラの空港に到着

日本との時差は約8時間で、日本よりも時計を戻すかたちになります。

夏なので8時間ですが、冬だと9時間の時差となっているようです。到着した時はまだ午前中過ぎで、着いて早速観光スタートです。

エディンバラの旧市街と新市町の美しい街並みは、世界遺産にも登録されています。添乗員・現地ガイドの方に街を案内してもらいました。

 

 セント・ジャイルズ大聖堂

こちらは外からのみの見学。

壮厳なパイプオルガンの音が響くそうです。

 

 断崖の岩山にそびえ立つ古城 エディンバラ城

スコットランドのシンボルです。

中に入っていきます。

坂を上がってくると綺麗な街並みが見えます。というか、凄い人が多かったり。

実は写真左奥に大砲があるんですけどね―

この大砲は13時に空砲が鳴るので、皆それを見るためにここで待っているのです。

1日1回だけなので観光客にとっては貴重ですね。

私達も待っていると、だんだんと時間が近づいてきまして―

 

ズドンッ!

 

と、大きな音が響いて空砲発射。

音に驚いたので、写真ブレたか逃したかもと思いましたが何とか撮れてましたね。終わった後は、皆ぞろぞろと散っていきました。

その後、さらに坂を上って奥へと進みました。

 

 クラウン・ルームの3種の戴冠用宝器

建物の奥の部屋に戴冠用宝器の王冠・王笏・剣の3種が展示されています。

長蛇の列で中々前に進まなかったんですが、少しずつ奥を目指しました。中は撮影禁止だったの見るのみですが、3種とも細かな装飾がほんと美しかったです。

自由時間に周りを散策したり撮影したり。

バスに乗り約2時間、エディンバラからグラスゴーへと移動しました。

 

 宿泊したグラスゴーのホテル

これが宿泊したホテルです。

空港がすぐ近くにあります。

中はこんな感じで―

一般的な部屋のサイズです。

スーツケースを広げられるスペースがあったのでホットしたり。

この日の夕食は各自でしたので、空港の中のスーパーへ買い物に出かけました。昼も自由だったんですが、飛行機の疲れでご飯を食べてませんでした。

夕食はスーパーで買った、ブドウやサンドイッチとか。水も“STILL”と書かれてある炭酸水でない方のペットボトルを追加で購入。

観光で1日歩き回るため水は必要ですからね。

シャワー浴びたら疲れてウトウトしてたので、すぐに眠りました。


3日目に続きます。。。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA