お役立ち情報

アイルーが乗ったブッシュドノエルの作り方

アイルーのクリスマスケーキを作りました。

毎年今の時期にはブッシュドノエルを作ってますが、今年はモンスターハンター風にしたいと思い、お供キャラのアイルーを乗せてみました。

今回はこの作り方を紹介します。

 

 ブッシュドノエルを作る

まずは生地を平たく焼きます。

料理本に載っているよりは砂糖を減らして焼いていますが、バンホーテンのココアを少し入れてるので減らし過ぎない程度にしました。

ココアを入れた生クリームと砕いたクルミを乗せます。

あまりココアを入れていないため、クリームは薄茶色をしています。

巻いた後は、端を切り落として右上あたりに乗せて切り株を表現し、残りの生クリームで周りを塗ります。

そうするとこんな感じになりますが、まぁ白っぽいですね。

上に乗せる切り株は小さめにするのが私の癖ですね。

巻くのが下手なので生地がバキバキ割れますが、最後に生クリームを塗るのでごまかせます。

後はフォークで模様をつけますが、この作業が一番好きだったりします。

模様がちょっと失敗しても、またクリームを盛ってやり直せば大丈夫なので安心です。

丸太ケーキの完成です。

いつものパターンだと、後は市販の飾りのツリーを挿すぐらいですね。私のケーキは見た目がいつも寂しめのケーキです。

でも今年は違います…!

 

 チョコレートでキャラを作る

Amazonでチョコペンを購入し、アイルーのイラストの上にクッキングシートを置き、その上をなぞりました。

チョコペンは以前も使用したことがありましたが、慣れていないので難しかったです。

2匹作っているのは、割れてしまった時用のスペアです。

補強のために最後に白で全体を塗ります。

この時点で黒の縁取りを再度やり直しておく方が良いのですが、時間がなかったのでそのままにしています。

 

 デコレーションをして完成

最後にチョコで作ったキャラや苺などでデコレーションすれば完成です。

縁取り補強をしなかったため、耳や髭が欠けていますが、とりあえずセーフでしたね。チョコペンの余りで、足元の星も作ってみました。

苺は当初は買う予定はなかったのですが、色合いが寂しすぎることに気付いて飾りましたが…1パック600円は以上するのは中々痛いです。

でもその分飾りとしての見栄えが上がりますね。

実はケーキは夜に焼いてまして、チョコはその翌日に作っています。

そのため生クリームが少し固まっていて、誤ってクリームを削ってしまうと修正が出来ないという状態に…。星はカモフラージュの役割も少し兼ねていたりして。

上の切り株があまり見えてませんが、アイルーの背もたれに役立ってるから良しとします。

味は今年も何とか美味しくできました。

市販のケーキが結構甘めなので、家で作る時は甘さ控えめにしています。最後の1口まで甘すぎずに楽しみたいですね。

 

 まとめ

モンハンキャラのアイルーは、キャラチョコ作りとしては割と作りやすいので、興味のある方は是非挑戦してみて下さい。

毎年クリスマスケーキがその年に作る最後のスイーツになりますね。

来年はどんなスイーツを作るか、また考えていきたいと思います。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA