ブログ

子供の頃に観た、トラウマ並みに記憶に残ったアニメ

皆さんは子供の頃に観たアニメで、トラウマ並みに強く記憶に残っているものはありますか。

私は挙げるなら、これら作品かなと思います。

 

 AKIRA(1988年)

グロテスクシーンが怖かった

聞いた人は「これか」とすぐわかると思いますが、凄い作品ですよね。

アキラは漫画とアニメ映画では話は色々違う箇所もあるようですが、私はアニメの方だけ観ました。確か母が再放送されていたものを録画してあったものだと思いますが、家族で一緒に観ていたんですよね。

色々グロテスクなシーンが多いのと、特にラストの肉塊のシーンでは強烈なインパクトがあって、子供の頃は観ていてほんと怖かったです。

でもこの映画はグロさが売りというわけではなく、子供だった私にはインパクトがあり過ぎたという話です。当時世間に多大な影響を与えた、大ヒット作品なのでファンは多いですね。

かなり昔に観た作品なので、改めて観てみたいなと思っています。

実家で探したら出てくるかな…。でももしVHSだったら観れないかも。

原作者は漫画家大友克洋ですが、この方の『童夢』という漫画は母が持っていたので読んだことがあります。これを読んだ時も描写の細かさに驚かされ、とてもリアルで怖かったですね…。

余談:グロいものは親が避けていた

子供の頃は親と一緒に洋画を観ている時でも、殺害・残虐シーンが出てくると、親が私と妹の目を手でしばらく覆って隠していました。

なので子供の頃はそういったシーンはあまり観たことがなかったので、アキラで観た時はアニメとはいえインパクトが強烈だったんですよね。

グロいといえば、もののけ姫を映画館で観た時も驚きましたね。

侍の両腕が吹っ飛んだり首が飛んだり、血だらけの乙事主(おっことぬし)が出てきたりなど、当時はビックリしたものです。

でもこの時はトラウマまではならなかったんですよね。今もやっぱり好きな作品の1つですね。

 

 ファンタスティック・プラネット(1973年)

青い生物のインパクトが凄い

これも母が昔録画してあったものです。パッケージからわかりますが、赤い目をした青い生物がまず目を引きますよね。

この青い生物は巨人なのですがこれがドラーグ族です。そしてこの生き物の手のひらサイズで、見た目が人間のような姿をしたのがオム族です。

このドラーグ族とオム族は、支配・従属の関係になっているのですが、オム族は知識を身に付けて…と、あんまり話すとネタバレになるのでこの辺にしておきますね。

とにかく、まずこの青い生物の登場に中々のインパクトがあります。

色鉛筆のような作風、シュールさ

この作品は4年という歳月をかけて制作されているのですが、この作画の描かれ方が凄いです。

まるで色鉛筆で塗られているような作風なんです。色遣いが綺麗で影の描かれ方など細かく、描くのが大変そうなのが伝わってきます。

でもその作風で、シュールな世界観を作ってるんですよね。ドラーグ族の生活の様子が、中々ありえないものとなっていて、「どうなってるねんっ」とツッコミたくなるような、そんな独特な世界観なんですよね。

このシュールな発想と色彩の美しさは、日本にはない感性があり、とても興味深い作品だなと思います。

宮崎駿もこの作品から影響を受けているところはあるようです。

この作品は青い生物とシュールな世界観にインパクトがありすぎて、ある意味トラウマ並みに強く記憶に残っている作品ですね。

 

 カンビュセスの籤(1991年)

くじを引いて食糧になる

ほぼラストシーンしか覚えていませんが、これも母が観ていたのを途中から観ていたアニメです。漫画家の藤子・F・不二雄の作品をアニメ化したものです。

2人の男女がメインキャラとして登場するのですが、色々あった末、その2人がクジをするのです。そのくじは、1人が食糧となってもう1人に食べられるというものなのです。

人類を存続させるために、どちらかが犠牲になる話なんですよね。

ラストを観終わった時「人が食糧になって、人に食べられるって…」ととても驚き、恐ろしく感じたのを覚えています。

VHS版しかないけども…

どうしてこのような状況になったのか、背景については上記の説明だけではわからないと思いますが、そこを書かなかったのはこの作品を観てほしいというのがあったからです。

でもこの作品はVHSしか出ていません…。

ですがYouTubeで探してみたらこの動画がありました。まぁそこにあるのが良いのかと言われると、何とも言えませんが…。

色々考えさせられる作品

自分だったらその運命を受け入れられるかと聞かれたら…死を目前にして恐怖の方が強く感じてしまうと思います。

本当に助けがくるのかもわからないし、1人ただ残ってしまう方のことを考えても、それはそれで怖いです。

SF話とはいえ、このようなことが現実に起きないとも言い切れませんね。ほんとに色々考えさせられる話です。

 

 まとめ

今回は私が子供の頃に観た、トラウマ並みに強く記憶に残ったアニメ話を書かせていただきましたが、やっぱり恐怖を感じるシーンは記憶に残りやすいですね。

人間の本能的なもので、恐怖を記憶してしまうのでしょうかね…。

挙げた3つの作品は怖いシーンがあるところもありますが、いろんな意味で面白い作品なので、機会があったら観てみて下さい。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA