ブログ

治一郎 バウムクーヘンのしっとり感とラスクのサクッと感

3月に天王寺MIO本館IFにオープンしていた治一郎。

MIOは店舗がリニューアルされて1Fは持ち帰りのショップが多くなりましたね。治一郎は結構人が並ぶ姿を見かけていましたが、最近は落ち着いてきたかな。

今回はバウムクーヘンとラスクの紹介です。

 

 冊子を開いてみる

治一郎といえばバウムクーヘンが浮かびますね。

昔知り合いの男性で、一番好きなスイーツがバウムクーヘンという方がいました。その方が自分の中のランキング1~3位を上げていたのですが、1位は治一郎でしたね。

ラスクのページはこのようになっています。

ぱっと見た感じシンプルですが味はどのようになのでしょう。

 

 治一郎のバウムクーヘン

気遣いのある菓子フォーク

封を開けて夫と2個ずつわけました。

容器側面にプラスチックの菓子フォークが付いていました。

一口サイズだからと手で食べるのではなく、フォークで上品に…ということでしょうか。こういう気遣いがあると、来客でお出しするのにも良いですよね。

このしっとり感は凄い

色がとても濃い黄色をしています。

そっと口に運ぶとそのしっとり感に驚きました。しっとり感でいうならフィナンシェみたいな、でもバターじゃなくて卵のしっとりさ。しかもとてもキメが細かい。

かなり昔にも食べたことあると思うのですが、なぜかその時のことを覚えてなくて…。だから久々に食べて改めて感動していました。

食べると「普通のバウムクーヘンと違う!」ってなりますよね。

 

 治一郎のラスク

シンプルなパッケージ

ラスクも取り扱っていたのですね。

ラスクは2種類売っていましたが、チョコレートの方をいただきます。

香ばしくサクッとした歯ごたえ

少し小ぶりなサイズで、食べると香ばしさをとても感じます。

あと甘みも上品な優しさがありますね。洋風なお菓子だけど、なぜか少し和を感じました。

ラスクも美味しい。だけど私の好みとしてはラスクは、ガトーフェスタハラダの方が好きかなと思いました。

 

 まとめ

治一郎の前を通るたびに気になっていたので、久々に食べられて良かったです。

クラブハリエのバウムクーヘンも美味しいけど、こっちは驚いてしまう美味しさを感じます。

甘いものは別腹。夕食の後でも色々食べられちゃいますね。

またこうして紹介していきます。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA