ブログ

親戚の育てた野菜も色々貰いました

祖母からみかんを貰いましたが、親戚の伯父さんからは自家製の野菜を貰いました。

その野菜たちを持って帰った後、洗って切って料理に使っていきました。

 

 虫と戦う!水菜の小分け

無農薬の野菜なので虫がついているので、この水菜は小さな芋虫がたくさん付いていました。

私は植物は育てているけど虫は苦手です。付いている芋虫は大きくても体長1cm程なんですけど、見つけると「ひぃいい!」と思いながら戦いました。

虫嫌いな人が戦うのにオススメアイテムはビニール手袋ですね。私は手首までのしか持ってませんでしたが、少し長めのロングタイプだとより安心かもしれません。

全体を一通り水洗いして、5cmずつぐらいに切ってボウルに何度か水洗いして、少量ずつ検品しながら別の皿へ移し、それを一定量ずつ袋に入れて冷凍しました。

一部その日の夕食の鍋に使いましたが、筋っぽさは全くなくて、ダシがよく染みて美味しかったです。

 

 虫食いを取り除く白菜

白菜は虫が多いと聞いていましたが、畑で収穫したての白菜の時は、外側にいるナメクジとか虫たちの糞が凄かったです。

外側の葉をたくさん落とした上で貰ったので、中には虫は見かけませんでした。

食べる分だけ葉を何枚か切って、虫食いを少し取り除いてコンポスト用へ袋に溜めて冷凍しておきました。

白菜は使う分だけ切って、水菜と同じく鍋に入れました。芯の部分もよく煮えて美味しかったです。

 

 煮物向きの大根

煮物にすると、カブのように柔らかくて甘いという大根を貰いました。

母が絶賛してて、子供の頃に母がこの大根で煮物を作ってくれた時に美味しかったのを思い出しました。

大根の葉の部分も好きなので少し残してもらいました。刻んでごま油と醤油で炒めたのを、別の日の昼ご飯に食べました。

煮物にすると、ほっくりとやっぱり柔らかく煮えて、美味しくいただきました。

 

 無農薬で育てるということ

無農薬で育てるというのは、薬剤を使わないので口に入れるものとしては健康面では安心できますが、虫たちも食べにくるので育てるのはかなり大変です。

私はベランダで薔薇を育てていますが、薔薇の葉や茎が綺麗に育つために、薬剤を毎週吹き付けたり、毎月土に薬剤を撒いたりもしています。そこまでしないと、病気や虫にやられてしまうんですよね。

綺麗には育つけど、どれだけ薬剤を使うねんっていう程、使うことになるんですよね。もちろん無農薬で薔薇を育てている方も中にはいらっしゃいます。

なので薬剤を使わずに育てられた野菜をみて、ここまで立派に育てるなんて凄いなぁと思いました。

 

 たくさん頂き感謝

これらの野菜以外にも色々収穫されたものを頂きました。

持って帰りきれないから断ったりもしたものの、それでも「〇〇いるか?△△もあるで?」とたくさん持たせてくれました。

私からも伯母さんにと買った調味料を持っていきましたが、どっさり貰ってしまったので、次回は喜んでもらえるものを多めに持っていこうと思います。

鉢植えで植物を育てるだけでも大変だったりするのに、畑という広いエリアを肥料を撒いたり水やりをしたり、ビニールを被せたり…と手間暇かけて育てた野菜を頂けるのは、ほんとに有り難いです。

他の野菜たちも、美味しく食べたいと思います。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA