ブログ

余ってしまった素麺をアレンジして食べよう

今日から7月になりましたね。

これから食べる機会の多いそうめんですが、頻繁に食べていると飽きてしまったりすることはないでしょうか。親戚からたくさん貰って、食べきれないという人もいるかもしれませんね。

そこで助かるのがネットで見つけたアレンジレシピです。

 

 そうめんは元々苦手だった

実は私、子供の頃は素麺が苦手でした。

その理由が「味が淡泊で飽きてしまう」というものです。めんつゆに付けて食べ続けるのが飽きてしまうという。

だから、唐揚げとか味の濃いものがあると食べやすかったんですよね。私にとって、そうめんは白ご飯的なところがありました。

最近はそうめんだけでも普通に食べられますが、昔はそんな感じだったんですよね。

 

 レシピを見つけたのは5年程前

このアレンジレシピは5年程前、クックパッドで見つけました。

作り方は簡単だし、今後もそうめんを食べる機会があるので、「余った時にこのレシピが助かるかも!」と思って、レシピをwordにおこして印刷してありました。

クックパッドを調べたら今でもこのレシピは公開されています。

今回はお茶漬けの元がなかったので、レシピにも書いてある通り、だしの素に替えて作ってみました。

また天かすとチーズは入れませんでした。チーズは家にあったのに入れ忘れましたね…まぁお昼にもチーズ食べてるから、夜はやめてよかったのかな。

トッピングはお好み焼き風にしてみます。

 

 そうめん焼きを作ってみる

茹でたそうめんに、だしの素と卵を絡ませて、フライパンに広げます。

卵が広がってますが、裏返す時に集めれば大丈夫です。

普通のお好み焼きみたいですね。

よく見なければ、そうめん入りというのがわかりにくいかも?

トッピングが雑…!

見た目は完全に普通のお好み焼きですね。

マヨネーズをもっとシャシャっとカッコよく振りかけたかったのですが、くねくねと曲がりながら振りかかってしまいました。きっと心が乱れていたのかもしれない…。

青のりですが、普段は冷凍庫に保管しています。母がそうしていたので真似しているのですが、色見も濃い緑をキープできるし風味も飛ばないのでオススメです。

 

 食べてみよう

天かすとチーズがないので、カリっとはしませんがモチモチ感が良い感じです。

そうめんに元々癖がないから、普通にお好み焼きとして楽しめます。お肉なくて寂しいという方はそれもプラスすれば、もうほんとにお好み焼きですね。

皆さんは天かすとチーズを入れてのカリっと感も是非試してほしいです。

今夜は夫が友人と外食をしてくるということだったので、夕食に1人分作って美味しく食べていました。

 

そうめんは自分で買ったりもしますが、貰う機会もある人は結構ありますよね。

「親戚からたくさん貰ったけど、こんなにも食べきれない…どうしよう。」

家族も飽きてきてるし、いつまでも置いておくのも…というそんな時に、アレンジレシピでまた美味しく食べられたら良いのではないかなと思います。

そうめんが苦手なお子さまにも、これなら喜んでもらえそうです。

 

 まとめ

夏に美味しいそうめんですが、在庫がありすぎると、毎回めんつゆで食べるのも…となってしまうので、別の味付けで楽しみたい方は試してみてはいかがでしょうか。

今年の夏が終わる頃にそうめんが余ってしまったら、このレシピを思い出してみて下さい。

 


ブログランキング参加中です。

下のボタンをクリックして応援していただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA